他好きとはどういう状態を指すの?他好きしてしまった彼との付き合い方を解説!

突然ですがあなたは「他好き」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「他好き」とは、お付き合いをしているカップルのどちらかが恋人以外の人を好きになってしまう現象のことを指します。

こうした「他好き」が起きてしまうと、どうしても破局の原因になってしまいます。フラれた側は、ほとんどの場合相手のことが嫌いになって別れるわけではないので、ショックも大きいですよね。

そんな「他好き」ですが、そもそも他好きしてしまう男性心理とはどのようなものなのか?「他好き」は復縁しやすいしやすいとも言われているのは何故なのか?復縁できないパターンも存在するのか?「他好き」は繰り返すものとも言われているのは何故なのか?

今回は「他好き」にまつわるさまざまな疑問について解説していきたいと思います。

他好きは復縁しやすい|他好きで振られた彼氏と半年以内に復縁する方法

他好きしてしまう男性心理とは?

そもそもなぜ恋人がいるにも関わらず、他好きしてしまう男性がいるのか。その心理的な背景として、さまざまな要因が考えられます。

男性にあると言われている「複数の女性の女性を求めてしまう本能」によるもの。あなたのことが大切だからこそ本当の気持ちを伝えた上で別れたいと考えたり、浮気という形にしたくないという思いが込められていたり。

反対に、本当は他の理由があるけれど、あなたに正直に言えなくて「他に好きな人ができた」と別れるケースもあります。

あなたの元カレはどのタイプに当てはまるのか?他好きしてしまう男性心理について詳しく紹介しているこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

他好きして別れる男性心理とは?

他好きは復縁しやすい?繰り返しやすい?

彼氏に他好きされて別れてしまった場合、他に好きな人ができた以上難しいのではないかと思われがちですが、意外とその後復縁しやすいとも言われています。

その理由として、他に好きな人ができただけであって、あなたのことが嫌いになって別れたわけではない。倦怠期を迎えているからこそ、一時の気の迷いなどで目新しい女性になびいてしまったからといった背景が考えられます。

「他好き」が原因で別れた場合復縁しやすいと言われている理由については、以下の記事も参考にしてみてください。

「他好きでの別れは復縁しやすい」というのは事実?実際に復縁に成功する方法は?

実際、他の女性をいいな、と思って今の彼女と別れた後に、後悔する男性も少なくないのです。

「他に好きな人ができた」と別れて後悔する元彼の心理とは?

そして、後悔した結果元カノに戻るという選択肢を取る男性がいるのです。

他好きで別れた彼氏がうまくいかずまた自分のところに戻ってきた時の対処法は?

ちなみに、どうしてもフラれてしまった元カレと復縁したい場合には、別れてすぐに復縁アピールをするのではなく、ある程度冷却期間を置くことが有効だと言われています。

冷却期間はどれくらい置くのがベストなのかについては彼とあなたとの状況によっても異なってくるので、下記の記事を参考にしてみてください。

他好きが原因で別れた場合、復縁するために必要な冷却期間は?

ただ、いくら他好きでの別れは復縁しやすいとは言われていても、付き合っている最中や別れの際の彼とあなたとの関係性によっては、復縁を諦めた方がいいケースも当然ながら存在します。

別れたのは本当に彼の他好きだけが原因なのか?ということを考えながら、以下の記事も読んでみてください。

彼氏に他好きされたら復縁できない?絶対に復縁できない条件とは

なお、どんなに彼のことが好きでも、新しい女性の元から自分のところへと帰って来た彼を受け入れるか否かの判断は慎重に行うべきといえます。

彼と別れた時、とても大きなショックを受けたと思います。彼と復縁して幸せになれたらもちろん嬉しいですが、2度目がないとは言い切れません。

以下の記事で挙げている特徴に当てはまる場合は、諸手をあげて復縁を受け入れるのはやめたほうがいいかもしれません。

他好きは繰り返す病気のようなもの、というのは事実なのか

他好き彼氏と上手に付き合って幸せになろう

ここまで、他好きとはどういう状態を表すのか。他好きしてしまったり、実際に他好きを理由に別れた後の男性心理とその対処法などについて紹介して来ました。

「他に好きな人ができた」と言われてフラれてしまうことは、残される側にとってはとても辛いこと。

その彼とどうしてもヨリを戻したいと頑張るか、新しい恋に進むかについても悩むことも多いでしょう。

今回の記事を参考に、あなたの幸せに繋がるような選択をしていけることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です